クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 女子バレーボール部(北海道・深川) > 1年生9人の女子バレーボール専攻は、北海道ベスト16で幕!新入生を加えた新たな布陣で、来季に挑みます!

1年生9人の女子バレーボール専攻は、北海道ベスト16で幕!新入生を加えた新たな布陣で、来季に挑みます!

令和元年度第15回北海道高等学校バレーボール新人大会が2月1日、北海道・恵庭市総合体育館で行われました。女子のクラークは、初戦の2回戦で2−0(25−20、25−21)のストレートで天塩高校を下してベスト16に進出。3回戦は、札幌北斗高校と接戦を演じるも0−2(13−25、21−25)で敗れました。この日で、1年生9人だけで臨んだ1年目の公式戦がすべて終了。掛屋忠義監督は「予想以上によくやってくれましたが、上位チームに勝っていくためには、攻撃パターンもスピードもプレーの精度もまだ足りません。春に向けて、さらに力をつけていかないと」と、さらなるレベルアップに期待していました。

塚原百恵主将(レフト) いろんな経験をさせてもらい、精神面で大きく成長できた。トップチームと争える技術を身につけたい。
西村まどか(レフト) 最後にようやく自分の納得できるプレーができた。大きなケガなく、全員で攻めるチームを作り上げたい。
菊地叶楓(ライト) セッターからアタッカーに変わり、挑戦できた1年でした。スパイク1本で流れを持ってこれるようになりたい。
井上友結(センター) 1年間の筋トレで、ようやくみんなと同じぐらいの筋力がつきました。攻めるプレーを続けていきたい。
八重樫灯莉(センター) 入学した頃より速攻やブロックができるようになった。メンタルも技術の部分も、チームとして成長したい。
柏倉ののか(ライト) ケガで始まりケガで終わった1年でした。来年度は今年見せられなかった〝柏倉プレー〟を皆さんにお届けします。
白川夢菜(リベロ) 入学した時より、相手の打ってくるボールを読めるようになった。セッターに正確にボールを戻す確率を上げたい。
林愛夏(リベロ) 1年間でコート内での声がけがうまくなった。まずはケガを完全に治して、また1から体を作り直して頑張る。
河合七星(セッター) 2試合目の20点目を決めたサーブに成長を感じた。これで父に「19点の女」とか言われません。安定したトスが目標。