クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 女子硬式野球専攻 > 宮城県南三陸町長らが視察!3年前に東北初で設立した女子硬式野球専攻の今!!

宮城県南三陸町長らが視察!3年前に東北初で設立した女子硬式野球専攻の今!!

6月20日(土)にスポーツコース女子硬式野球専攻の練習試合が行われ、その様子を宮城県南三陸町長らが視察に訪れました。スポーツコース女子硬式野球専攻は、3年前に東北で初めての女子による硬式野球の専門コースとして誕生し、1期生11名のみで臨んだ春の大会では全国大会準優勝を飾りました。昨年2期生を迎えた夏の大会では、悲願の全国制覇まであと1歩の全国準優勝という結果に終わり、「今年こそ全国優勝!」と気持ちをひとつに新入生を迎えました。
現在は3期生まで迎え38名の生徒たちで結成されている女子硬式野球専攻。プロ野球球団の東北楽天ゴールデンイーグルスとの全面提携のもと、プロから学び文武両道で突き進んでいます。様々なメディアに取り上げて頂く機会が多いコースですが、南三陸町長自ら球場に訪れて、生徒たちの練習風景、練習試合、監督やコーチ、保護者との関わりなどをじっくりと視察されていきました。