クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー専攻(札幌大通) > オリンピックやワールドカップの登竜門へ、クラックスの1年生3人が挑戦!

オリンピックやワールドカップの登竜門へ、クラックスの1年生3人が挑戦!

男子サッカー専攻(クラックス)に所属するMF山田遥斗・GK對馬孝介・DF神藤佑希の1年生3人が5月6日、札幌ブロックトレセン(選抜)候補に選出されました。札幌ブロックトレセンは、メンバーに選ばれると6月18日にスタートする北海道U-16トレセンリーグで北海道コンサドーレ札幌U−16や道南、道東など北海道各地区ブロックの代表と対戦。1位チームが10月の国民体育大会(栃木国体)に北海道代表として出場する予定です。
国体など全国の舞台で能力が認められれば、オリンピック(U−23日本代表)につながる世代別の日本代表、そしてワールドカップに出場するフル代表にも抜擢される可能性が出てきます。3人は5月9日から札幌ブロックトレセン候補のトレーニングに参加。どこまで突き抜けていけるか、これからも注目してください!