クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー専攻(札幌大通) > FW瀧澤が今季初ゴール!GKシューマッカー無失点!北海道コンサドーレ札幌U−18の開幕戦圧勝に貢献!

FW瀧澤が今季初ゴール!GKシューマッカー無失点!北海道コンサドーレ札幌U−18の開幕戦圧勝に貢献!

高円宮杯JFA U−18サッカープリンスリーグ2022北海道が4月17日、北海高校グラウンドほかで開幕しました。札幌大通・スポーツコース・男子サッカー専攻のFW瀧澤天(2年)、GKシューマッカー・マシュー(同)が、ともに北海道コンサドーレ札幌U−18のスターティングメンバーとして、昨年度全国高校サッカー選手権代表の北海高校戦に出場。FW瀧澤は後半22分に今季初ゴールを決め、GKシューマッカーは無失点に抑えて4−0(前半2−0、後半2−0)の大勝に貢献しました。

ピンチの場面では中盤まで戻って相手選手を追い回し、味方が攻撃に転じた時はディフェンスラインの裏を狙って何度も飛び出す。FW瀧澤のそんな献身的なプレーが実を結んだのは、3−0で迎えた後半22分でした。トップチームの練習にも参加する先輩MF漆舘の右サイドからのクロスに反応。ゴール正面で左足を合わせました。「ウルシ(漆舘)さんから、『足が当たれば入る』という最高のボールが来ました。最初の公式戦で結果を出せたのは良かった。今年は2ケタ(ゴール)を狙いたいと思っていますが、チームにはライバルが多く、いつスタメンから落とされるかわかりません。その中から抜け出すために、スポーツコースの授業でもしっかり動いて、どんどんコンディションを上げていきたい」と表情を引き締めました。

192cmの長身守護神・シューマッカーの見せ場は、前半終了間際でした。味方ディフェンスラインと自分のちょうど真ん中に上がった難しい高いボールに対応。相手フォワードと交錯しながらも、右手をグンッと伸ばしてボールを弾き飛ばし、失点を防ぎました。昨夏に左ひざの前十字靭帯、半月板を次々と損傷。手術、リハビリを経て約9ヶ月ぶりの実戦でしたが、ブランクを感じさせない動きで、ゴールを割らせませんでした。「他の選手が通常トレーニングをする横で、毎日1時間半から2時間、ずっと筋力トレーニングをしていました。体幹も強くなって、以前よりカラダ全体が動きます」と、顔をほころばせました。

FW瀧澤もGKシューマッカーも2年生。3年生中心のメンバーの中でスタメンに抜擢されたのは、チームの期待の表れです。札幌U−18からトップチーム、世代別のナショナルチーム、フル代表へ。2人の今後に注目です!