クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー専攻(札幌大通) > 東北遠征でチーム力アップ。道外チームとのトレーニングマッチで成長と課題を実感!

東北遠征でチーム力アップ。道外チームとのトレーニングマッチで成長と課題を実感!

 クラックス(男子サッカー専攻)の選手たちは、12月28日(火)~30日(木)の日程で初の道外遠征となる東北遠征を実施しました。
 先日行われたフットサル選手権の全道代表決定戦で札幌大谷高校に悔しい逆転負けを喫しましたが、気持ちを入れ替え、この冬でチーム・個々でレベルアップを図っていきます。
 初日の対戦相手は、伊藤監督の大学の先輩が監督を務める仙台商業高校と30分×3本でトレーニングマッチを行いました。グラウンド状況は前日降った雪が残るピッチコンディションで、選手の動きも硬く、序盤はセカンドボールを相手に拾われて、ピンチを招くシーンが目立ちました。2本目以降は、次第に身体も暖まってきたのか、中盤でボールを奪い、攻撃にもバリエーションが増えてきました。攻撃・守備のそれぞれでチームとしての課題と成長を実感できました。
 二日目、午前中は、聖和学園と対戦し、6-3で勝利。相手チームはテクニックがあり、ドリブルとショートパスを中心に攻撃を展開してくるので、苦戦を強いられましたが、DF大釜(1年)は「あきらめないで、前線から連動しながらプレスすることができた」と自分達の目指すサッカーを貫けたことには満足した様子でした。午後からは、宮城県工と対戦し、2-5で今回の遠征初黒星。相手チームはフィジカルが強く、プレッシングも早く、サイドへの展開も上手でした。それでも前線からボールを奪い、MF高道(2年)やDF山口(3年)のミドルシュートでゴールを奪うことができました。
 グラウンドを使用させてくださった聖和学園高校サッカー部の皆さま、その他一緒に戦って頂いたサッカー部員、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。
トレーニングマッチの結果は以下をご覧ください。
◇12月28日(火)
場所:アディダススポーツパーク(人工芝)
VS仙台商業高校 30分×3本
〇9-1(①0-0 ②3-0 ③6-1)
得点 高道2 古川(勇)5 古川 廣田
◇12月29日(水)
場所:聖和学園グラウンド(人工芝)
vs聖和学園
〇6-3(①0-1 ②3-2 ③3-0)
得点者 高道2   柳澤 山口 中村 大釜
vs宮城県工
●2-5(①0-3 ②1-1 ③1-1)
得点者 高道 山口