クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー部(札幌) > 〝努力の天才〟MF多賀の値千金のゴールで、北海道大会進出へあと1勝!

〝努力の天才〟MF多賀の値千金のゴールで、北海道大会進出へあと1勝!

第100回全国高校サッカー選手権札幌地区予選2回戦が8月29日、札幌・札幌工業高校グラウンドほかで行われました。男子サッカー専攻(クラックス)が1−0で、昨年まで3大会連続で北海道大会に進出していた実力校・札幌山の手高校を破り、9月4日の北海道大会代表決定戦に駒を進めました。

前半29分、ゴール前に走り込んだMF多賀士恩くん(1年)が、目の前で弾むボールに右足を合わせました。ポーンと跳ね上がったボールが、そのまま相手ゴールに吸い込まれ、決勝点となりました。「足を伸ばしたら入っただけです」。夢をつないだヒーローが、照れ臭そうに振り返りました。

相手にボールを奪われれば、全力で取り返しに走ります。200段以上の階段を駆け上がるモエレ山登りなど、走るトレーニングでは、いつも先頭集団をキープ。伊藤壇監督などコンサドーレのコーチや先輩からアドバイスを受ければ、できるまで繰り返します。そんな地道な努力が、大舞台での貴重な得点につながりました。伊藤監督は「どの位置で、どの時間帯で起用しても期待通りに動いてくれるので、非常に使いやすい。頑張れば、必ずサッカーの神様が力と運を与えてくれる。それを今日、証明してくれた」と、ほめていました。

努力家ルーキーのゴールを守り切り、クラーク国際の北海道大会進出があと1勝に迫りました。「次も自分のできることを、全力で頑張ります。3年生と1試合でも多くプレーしたいですから」と多賀くん。正念場となる次戦の北海道科学大学高校戦も、クラックスへの声援をお願いします!

【第100回全国高校サッカー選手権札幌地区予選2回戦】
クラックスVS札幌山の手高校
前半1−0
後半0−0
合計1−0
得点 多賀
【次の試合予定】
第100回全国高校サッカー選手権札幌地区予選Fブロック北海道大会代表決定戦
9月4日(土)14:00〜 VS北海道科学大学高校
※無観客試合です。スタッフ・選手以外はご来場いただけません。