クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー部(札幌) > MF山口主将が、北海道十勝スカイアースのテスト生としてJ2東京Vと対戦!

MF山口主将が、北海道十勝スカイアースのテスト生としてJ2東京Vと対戦!

藤川孝幸スペシャルサンクスマッチ(トレーニングマッチ)・北海道十勝スカイアース(北海道地域リーグ)VS東京ヴェルディ(J2)が7月31日、帯広の森球技場で行われました。男子サッカー専攻(クラックス)のMF山口啓太主将がテスト生として参加。Jリーガーとの初実戦で、持ち味を発揮しました。

MF山口主将の出番は、45分×3本で行われた練習試合3本目の開始10分ごろ。予定のサイドバックではなく本職のボランチの位置で、プロとの初対戦を迎えました。最初は戸惑うような動きもありましたが、「高校生、しっかり走れよ!」と、スカイアースの選手に叱咤され、きっちりギヤチェンジ。自陣ペナルティエリア手前の位置で足下にボールが入ると、次の瞬間には正確かつ速いスルーパスで前方の攻撃陣に配球し、決定的なチャンスを演出しました。

その後も攻守に奮闘。北海道十勝スカイアースの長野聡監督は「最初はぎこちない感じでしたが、得点につながりそうなパスも含め、なかなか良いプレーでした」と評価していました。MF山口主将は「体力も実力もまだまだ足りない。これからも努力を続けていきたい」と次のチャンスに向けて気持ちを奮い立たせていました。

クラックスでは今後も、プロサッカー選手を目指す生徒に、できるだけ多くのチャレンジの場を提供していきます。

試合前のアップで得意のリフティングを披露

長野監督(右)に送り出されるMF山口主将