クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー部(札幌) > エース襲名!FW若宮がチーム初のハットトリック達成!

エース襲名!FW若宮がチーム初のハットトリック達成!

 高円宮杯 JFA U-18 サッカー2021北海道ブロックリーグ札幌(4部)第3節が5月8日、札幌近郊のグラウンドで開催されました。コンサドーレと提携するクラーク国際札幌大通キャンパス(クラックス)は3−5で札幌創成高校(4th)に敗れ、勝ち点獲得はならず。FW若宮くん(1年)がチーム初ハットトリック(3得点)を達成する活躍をみせましたが、公式戦初勝利は5月19日に開幕する札幌支部高校サッカー選手権(インターハイ札幌支部予選)に持ち越しとなりました。
 クラックスのエース〝ワカ〟が、3度輝きました。試合開始直後の失点で0−1とリードを許した前半5分、ボランチのMF中村くん(2年)が相手から奪い取ったボールをトップ下のMF髙道くん(同)につなぎ、最後はFW若宮くんがゴール右に突き刺しました。1−2で迎えた後半20分には、相手ゴール前のルーズボールにダイレクトで右足を合わせて2点目。2−3と再びビハインドとなった後半33分は、MF髙道くんの左からのクロスボールに反応し、体ごとゴールに飛び込みました。「負けてしまったけど、楽しかった!」。公式戦2試合連続、計4ゴールと入学早々波に乗るストライカーが、敗戦の悔しさを振り払うように、笑顔で言い放ちました。
 終盤の連続失点で勝ち点は落としましたが、2・3年生が主力の強豪チームに最後まで食い下がりました。伊藤壇監督は「全体的に体力が上がってきているのを感じるし、ゴールへの意識も出てきた」と、3度のビハインドを3度同点に追いついた粘りに、選手たちの成長を確信していました。次の公式戦は、クラックスにとっては初体験となる全国につながる大会・インターハイの札幌地区予選です。約10日間のトレーニングを経て〝負けられない戦い〟に挑むイレブンに、今後も応援をお願いします!
【北海道ブロックリーグ札幌(4部)第3節】
クラックスVS札幌創成高校(4th)
前半1−2
後半2−3
合計3−5
得点 若宮3
勝ち点0