クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー部(札幌) > 真っ白な三角山(標高311m)制覇に成功!4週連続の〝自然派トレ〟で、最強フィジカル作り!

真っ白な三角山(標高311m)制覇に成功!4週連続の〝自然派トレ〟で、最強フィジカル作り!

究極の肉体づくりを目指すクラックス(札幌大通キャンパス男子サッカー部)は2月27日、札幌市内にある三角山の登頂を目指しました。大粒の雪が視界をさえぎる中、選手たちは登山口を勇ましくスタート。積雪に足をとられて時折顔をゆがめながらも25分ほどで山頂にたどりつき、あっという間に下山しました。
三角山を制したあとは、登山口で雪上フィジカルトレを消化。終了後には円山公園に移動し、初の雪中サッカーを実施しました。ひざの高さほどある雪を全員で踏み固めて、真っ白いピッチを作成。10分ハーフの真剣勝負を繰り広げました。試合は雪上ダイビングヘッドに雪上リフティングドリブル、雪上オーバーヘッドに雪上ボレーと、転んでも痛くない大技の応酬となりました。
2月の週末は4週連続で雪上トレーニングを敢行。氷点下で流した情熱の汗は、きっと〝勝利〟という結果につながるはずです!