クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー部(札幌) > 全国まで一気に駆け上がれ!242段のモエレ山階段ダッシュ!

全国まで一気に駆け上がれ!242段のモエレ山階段ダッシュ!

6人の選手たちは11月1日、約1ヶ月ぶりに札幌・モエレ沼公園でトレーニングを行いました。陸上競技場のトラックを使った12分間走の後は社会人選手と一緒にミニゲームを実施。全力で動いた後に、モエレ沼公園恒例の山登りダッシュが待っていました。標高62m、242段の階段を5本駆け上がると、お次は標高30mのプレイマウンテンの芝生登りを5本。アジアのどんな環境でも戦ってきた伊藤壇監督のスペシャルメニューで、全員がグロッキー気味の表情で家路につきました。「大事な試合の一番苦しい時間帯に、このきつい練習が必ず頭に浮かんでくる。『あれだけ走ったんだから俺たちは負けない』と思ってくれれば。もちろん雪が降った後もやりますよ」と指揮官。アゴを上げながら、必死に足を前に踏み出した経験は、必ず来年の本番で生きてきます。

 

さあロスタイムは5分!
自陣でボールを奪ったクラーク国際の山口が、そのまま長い距離をドリブル!
どこにこんな体力が残っていたんだ!!!
2人、3人を抜いてアッと言う間に相手ゴール前だ!
シュートおおお〜!
ゴ〜〜〜ル!
そんな瞬間が必ずやってきます。