クラーク記念国際高等学校 スポーツコースサイト > 男子サッカー部(札幌) > 横山コーチの魔法で、コンディションが一気に回復!

横山コーチの魔法で、コンディションが一気に回復!

札幌大通キャンパス・男子サッカー部には、選手たちに魔法をかけるコーチがいます。
中学生以来久々の本格的な練習で両足のふくらはぎを痛めてしまった1年生GK柳澤くん。ハードワークをした翌日、「今日は足が痛くて、全く動けないかもしれません」と落ち込んでいました。
トレーニング開始から10分後、「今日は俺と別メニューだ」と、声をかけてくれたのが、今年2月まで現役Jリーガーだった横山知伸フィジカルコーチでした。体幹トレーニング、ストレッチと、メニューが進むうちに、どんどん柳澤くんの表情が晴れやかになり、約1時間半の練習が終了するころには、「足の痛みが全くないんです」とすっかり笑顔になっていました。「実は、横山コーチがゴールした試合を見て、あこがれていたんです。その選手が、ものすごく近くで、僕のためだけにいろんなことを教えてくれるなんて、夢を見ているようでした。それで、気がついたら足の痛みもなくなっていて…」と目を潤ませていました。
1週間後には2年生のMF荒澤くんが右足首をひねって別メニューになりましたが、横山コーチが教える動きをこなすうちに、痛みの大半が解消。翌日の練習では、全力疾走できるほどに回復していました。
常に〝本物〟を身近で学べるのが、クラーク国際の男子サッカー部。「コンサドーレから1ランク上のサッカーを学びたい」と思った人はすぐに、オンライン個別相談会や練習会に参加してください。