男子サッカー専攻(札幌)

コンサドーレとクラーク国際がコラボ!
〝高校日本一〟と〝プロ選手〟の夢を実現!

2018年リーグ戦4位、 2019年ルヴァンカップ準優勝と、国内屈指の攻撃力でJリーグを席巻する北海道コンサドーレ札幌とクラーク国際がタッグを組み、〝全国高校サッカー選手権〟〝インターハイ〟の日本一、そしてプロサッカー選手の育成を目指します。
監督は、Jリーグのベガルタ仙台を皮切りに、22の国と地域でプロサッカー選手として活躍した伊藤壇氏。川崎フロンターレや北海道コンサドーレ札幌でプレーした元Jリーガーの横山知伸フィジカルコーチと、コンサドーレ札幌U-18時代に高校最強チームを決めるプレミアリーグ準優勝を経験した今岡亮介GKコーチの3人が、プロフェッショナルのスキルとメンタルを選手に伝えます。


監督・指導員紹介

監督 / 伊藤 壇

「理想は〝躍動感のあるサッカー〟。2列目からどんどん飛び出していく攻撃的なスタイルで、全国大会出場・優勝を目指します」

経歴

1975年11月3日生まれ、北海道・札幌市出身。登別大谷高校(現北海道大谷室蘭高校)―仙台大学。過去に所属したプロリーグは、Jリーグ仙台―ウッドランド・ウェリントン(シンガポール)―ウエストゲート(オーストラリア)―サイゴン・ポート(ベトナム)―傑志(香港)―オーソットサパー(タイ)―ペナン(マレーシア)―QAF(ブルネイ)―屯門 (香港)―名門世家加義(マカオ)―チャーチル・ブラザーズ(インド)―ラカプラ・ユナイテッド(ミャンマー)―マナン・マーシャンディ(ネパール)―ビルト・ブライト(カンボジア)―グリーン・アーチャーズ・ユナイテッド(フィリピン)―エルチム(モンゴル)―ラオ・トヨタ(ラオス)―ヨタ(ラオス)―ティンプー(ブータン)―コロンボ(スリランカ)―ポンタ・レステ(東ティモール)―ローヴァース(グアム)―オールド・ビー・バンク(サイパン)。香港時代には、FWシェフチェンコ擁するACミラン(イタリア)と対戦。タイでは海外リーグ挑戦をサポートする「チャレンジャス・アジア」を運営。2020年4月から一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブからクラーク記念国際高校・札幌大通キャンパス・サッカー部監督として派遣。

フィジカルコーチ / 横山 知伸

1985年3月18日、東京都出身。帝京高−早大−川崎フロンターレ−セレッソ大阪–大宮アルディージャ−北海道コンサドーレ札幌–ロアッソ熊本–FC岐阜。ポジションはボランチ、センターバック。J1通算162試合、J2通算48試合、AFCチャンピオンズリーグ11試合出場、J通算10得点。2018年12月に脳腫瘍を発症も、摘出手術とリハビリを経て2019年夏にFC岐阜で復帰。強靭なメンタリティーの持ち主。

GKコーチ / 今岡 亮介

1993年4月28 日、北海道・士別市出身。コンサドーレ旭川U-15–コンサドーレ札幌U-18–金沢星陵大学。ポジションはゴールキーパー。札幌U -18時代は、現コンサドーレのMF荒野拓馬選手、元コンサドーレのDF奈良竜樹選手(鹿島)らの同期としてプレーし、2011年のプレミアリーグ(高校世代最高峰大会)イースト優勝を経験。2016年からコンサドーレサッカースクールおよび北海道リラ・コンサドーレGKコーチ。



男子サッカー専攻(札幌)の最新情報


男子サッカー専攻(札幌) 公式SNS


男子サッカー専攻(札幌)のポイント

伊藤監督を含め、コーチングスタッフは全員がコンサドーレからの派遣!

トレーニングはコンサドーレのアカデミーと同じグラウンドがメイン。北海道コンサドーレ札幌のホームゲーム運営に参加するなど、在学中にスポーツビジネスの現場も体感できます。

クラークサッカーの歴史を作りたい選手を、全国から募集!

コンサドーレのプロフェッショナルスタッフから指導を受けたい入学志願者には、通学しやすい札幌市内の学生会館などを案内します。学校説明会や個別相談会でお申し出ください。